クラークブログ

「宿題って必要?」のこたえとは


講座「宿題って必要?」を実施しました!

今回は小5~中3の生徒さんが参加してくれました(^-^)

年齢、学校、性別など

バラバラの班をつくり

講座スタート♪

講座でのお約束は3つ

  • 話を最後までしっかり聴く

  • 人の意見を否定しない

  • 発表が終わったら拍手

まずは自己紹介(^O^)

みんなの緊張がほぐれてきたら…

「意見を合わせようゲーム!」

ダイキ先生のお題にみんなの意見を揃えます。

お題「赤いくだものといえば?」

せーの「いちご!」「リンゴ!」などなど

意外と意見が一致しません(>_<)

でも、みんながそろうと気持ちいいですね!

そして本題。

「宿題は自分のためになっている?」

まずは自分ひとりで考えてみます。

そしてチームの中でシェアします。

自分の意見と違うものはメモをしてもらいました。

次にネットを使って調査。

「宿題は必要?」

必要・不必要という意見など

さまざまなものを探せました。

最後に

グループワークです。

「もし自分が学校の先生だったら宿題をどうする?」

それぞれのチームの中での役割を決め

話し合いました。

ここで皆さんの意外な一面を発見!

普段はおとなしいのに、

リーダーとして話し合いを促していたり

普段はよく話している子が

しっかり人の意見を聞いていたり。

みなさんがチャレンジをしてくれていることに感動しました( ;∀;)

話し合いは思わぬ結果に

チーム1の結論:「宿題は必要」

結果的に必要だから宿題という仕組みがある。

嫌々でも覚えられたり、いいことはある。

ただし多すぎるとやる気が起きないから適量がいい。

チーム2の結論:「宿題は不要」

自主性がなくなってしまうから。

宿題という仕組みじゃなく、自主的に勉強をしたほうがいい。

デメリットとしては、勉強を全然しない人が出てしまうかもしれない。

チーム3の結論:「宿題は必要」

最低限の宿題は必要。

量は週1回の自学と絶対おぼえてほしいものだけにする。

~という結論でした。

生徒さん一人ひとりが意見を出して

チームそれぞれで違う結論を出してくれたのが

嬉しかったです\(^o^)/

ところで、

このテーマに「正解」はありません。

「当たり前だからやる」のもいいのですが、

「当たり前を疑ってみる」という

考えかたを知ってほしいし、

「自分なりの目的」を考えることを

してほしいと思います。

これからの人生で

「今までそうしていたから」という理由で

続いている(続けている)ことに出会う機会が

たくさんあると思います。

「これって本当?」

「これ必要かな?」

「怪しいぞ!」

~と思ったときは

本当に今、それが必要なのかを考え直してみる。

理由を考えたり調べたりして

人生のより良い選択ができる人になってくださいね(^^)/

今後の講座も絶賛受付中です!

ぜひご参加ください♪

今後の講座予定

5/24(木)「習慣化の技術」(高3)

5/31(木) 校則から考える「ルールの意義」

6/7(木) 「幸せってなに?」

6/14・21(木) テスト対策特訓会

6/28(木) 「志望校の決め方」(中3)

#イベント

〒852-8053
長崎県長崎市葉山1丁目4-1 第2川尾ビル3F

095-855-8221

月~金 / 14:00~22:00 土 / 13:00~20:30

©️ 2019 個別教育クラーク

  • 個別教育クラークのInstagram
  • クラークのツイッター
  • 個別教育クラークのFBページ