クラークブログ

宿題について考えてみた


こんにちは😆

先日の講座「宿題って必要?」で

みんなの発表を聞いて

私も宿題について考えさせられました。

宿題を出す側として出てきたのは〜

「ここまで定着させてほしい」

「次のテストまでにできることを増やして点数を上げてほしい」

「やればできるという自信を持ってほしい」などなど

結局は

「みなさんに笑顔になって、喜んでもらいたい」

という気持ちです。

(ここからは私の心の声です

お急ぎのかたはとばしてください↓)

喜んでもらいたいと思っているのに、

みんなが宿題を出されて嫌だな…と思っていたら

本末転倒なのでは???

宿題が嫌とは

どんな状況なのか?

うーーーーーーーーん(葛藤)

自分が意図していない宿題内容が悪いのか?

量が多すぎるって

もっと少なくてもできるようになるって感じてるのかな?

じゃあ、できるようになりたいことだけ定着できる適量を

宿題として持って帰るシステムはどうかな?

…ってクラークは

そんなシステムなはず!!

前回のアナライズで目標点を決めて

それを達成するための適切な宿題を

先生と決めているはず…

もしかして…みんな忘れてる?

宿題をちょっとでも減らしたいと思っているみなさん!

次の目標は何だったのか

アナライズ用紙を確認してみてください。

きっと次のテストに向けた

熱い気持ちを思い出せます\(^o^)/

というわけで、

私が出した結論は、

宿題は生徒の夢を叶えたり

目標を達成するために、

先生が手伝える数少ない「ツール」だということです。

何をすれば、この課題をマスターできるのか。

そのやり方やヒントを「宿題」という形で

伝えています。

みなさんは

自分ができるようになりたいと

思えるなら取り組む。

もしそれが自分のやりたいことと

まったく違うと思うのであれば

「やらない」がいいと思います。

でも提出日に宿題をしていなくて

「やってません」より、

宿題を出されたときに

「他にやりたいことがあるので、この宿題はできません」

と伝えられるほうが、先生も納得できます。

「他のやりたいことって何?」

という話になるとは思いますが(笑)

もし、あなたに他のやりたいことへの

熱い志があれば先生を説得できるはず!

(先生の宿題にかける熱い思いも聞いてあげるとわかりあえるよ〜☆)

みなさんの「やりたいこと」ができるよう

応援しています!(^^)!

#塾 #長崎 #学習塾 #岩屋中 #滑石中 #高田中 #三重中 #時津中 #西浦上中 #附属中 #東中 #北陽台 #北高 #東高 #西高 #道ノ尾 #長与 

#アクティブラーニング

〒852-8053
長崎県長崎市葉山1丁目4-1 第2川尾ビル3F

095-855-8221

月~金 / 14:00~22:00 土 / 13:00~20:30

©️ 2019 個別教育クラーク

  • 個別教育クラークのInstagram
  • クラークのツイッター
  • 個別教育クラークのFBページ